Tooth happy life Story ~幸せな時間をあなたに~  歯っぴ~な生活の物語。。。

bibimomo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 23日

歯科衛生士からみた食育 〜妊娠性歯周炎ってなに? 〜


おはようございます
2月23日 金曜日 

先日
マイナス1歳からの歯科予防が大切です
と書き
ビタミンA
鰻や卵を食べるといいですよってお伝え 
以前に作った
お弁当に鰻弁当があったので

c0319575_08164302.jpg

妊娠中の食欲ダウンの時期に
鰻を食べてスタミナつけて下さいね


さてさて
 妊娠中のみなさん 

妊娠性歯周炎」

という言葉を
聞いたことありますか?
妊娠性歯周炎は
女性ホルモンのバランスが
招く妊娠さんがなる歯周病のこと。
少しのプラーク(歯垢)でも歯ぐきが
腫れ炎症をおこし 
この妊娠性歯周炎になってしまいます。

まさかと思うかもしれませんが、
重度の歯周病を
患っている妊婦さんは、
健康な妊婦さんと比べ
約7倍も早産や低体重児を産むリスクがあるとの
研究報告もあります。

早めの歯科受診で
スケーリング(歯石除去)やクリーニング(プラーク除去)
などのプラークコントロールを行いましょう

出産後は、小さな赤ちゃんの子育てに忙しく、
また、なかなか人に預けることもできませんし、
歯科医院へ連れて行くのもままならないと思います。
そうこうしている間に
虫歯・歯周病が進行してしまうことがあります。
だからこそ、
安定期に入ったら一度歯科健診に行かれて下さいね

週末に向かって素敵な1日を
お過ごし下さい

[PR]

by bibimomo | 2018-02-23 08:43 | お弁当


<< 歯科衛生士からみた食育 〜 チ...      歯科衛生士からみた食育 >>